庭の手入れは業者にお任せ│剪定をする意味とは

芝生を張る作業

剪定

庭に芝生を張るためには芝張りという作業をしないといけませんが、芝張りをする前に庭の手入れから始めましょう。芝張りを成功させるためにも、庭にある大きな石などは取り除いてください。それだけではなく、雑草が生えている状態の庭では芝張りをすることができませんから、石と一緒に取り除いておくようにします。草刈りで雑草を刈ってしまうと、根が地面に残ってしまい芝生の下から雑草が生えてくるので草むしりをして根も一緒に抜いてください。芝生を張る床上として優れているのは砂が多い土の庭といわれています。粘土質の土の庭だと水の染みこむスピードが遅く、土の中に大量の水が溜まってしまい芝生が枯れたり病気になったりしますので注意してください。ホームセンターには、芝生用の土が販売していますのでそれを購入して庭に敷き詰めましょう。芝生用の土を敷いて平らにした後は、足で土を踏んだり水を撒いたりして終わりです。このような下準備をしてから芝張りを始めます。芝張りをするための芝生はホームセンターで購入することができますが、購入する前に敷き詰めるスペースの長さを測っておきましょう。芝生の数が足りなくてすき間だらけの状態になることがあるため、事前に測っておきキレイな芝生を作るようにしてください。芝張りをした後はその上に、目土という砂を芝生の上にまんべんなく散布します。これで芝張り作業は終わりですので、後は芝生にたくさんの水を撒いてください。芝張りをしたばかりの芝生は、乾燥しやすいため水の量が少ないとすぐに枯れてしまうので芝生の下にある土にまで染みこむぐらいの水をかけるようにします。